今さら聞けない風俗のこと

風俗で分かる自分の気持ち

ポータルサイトはよく見ているんです。風俗で遊びたい時だけじゃなく、何となく手持無沙汰の時にポータルサイトを覗いてしまうのは、それだけ風俗というジャンルそのものへの興味と言うか、気持ちが傾いているんでしょう。それこそお金さえあれば毎日でも遊んでいたいって気持ちもありますしね(笑)それはともかく、風俗に行くと自分の気持ちと言うか、自分の本音に気付かされることも多いなと思うんですよ。自分でさえ自覚していなかった自分に出会うこともありますし。それがまさに前回の性感マッサージでの時間でした。性感マッサージには何度か足を運んだことがありましたけど、前回に関しては相手に恵まれました。Yちゃんは本当に可愛らしい雰囲気の子だったんです。そんな子が自分のためにあそこまでいろいろな事をしてくれたら、テクニックだけじゃなくて気持ちの面で動かされました。だから自分が風俗に求めているのは、快感よりも相手の一生懸命さなのかなって。

好きな体位はあるでしょうね

誰だって好きな体位くらいはあると思うんですよ。風俗では自分の好きな体位を思う存分楽しめるんです。それだけに、体位の問題は何かと切実と言うか、それなりにしっかりと楽しむべき問題なんじゃないかなって思うんですけど、個人的に風俗で最も好きな体位は騎乗位の素股なんです。あれはいろんな意味で錯覚させられるんですよ。もはや素股になっていないんじゃないかとか、あるいは風俗嬢の実力次第でこちらの気持ちも全然違うものになるしで、女の子のセンスが出る部分でもありますよね。だから快感だけじゃなく、相手の力量を推し量るという点でも騎乗位は役立つんです。騎乗位のムーブメントが上手な風俗嬢は他のこともとっても上手に展開しますしね。つまりは騎乗位がどれだけのものなのかによって、その後の展開が大きく変わると言っても決して大袈裟でも言い過ぎでもない、大切な問題だということに気付かされるんじゃないのかなって思いますけどね(笑)